賃貸is

賃貸is

『トラブル 賃貸』
最新ツイート

不動産投資顧問 広島地所
(@hiroshimajisho)

家賃の増額請求の問題が決着していない段階で、借家人が家賃相当額として供託した供託金を賃貸人が受領することは、一般論としては、受領の際に別段の意思表示がない限りその額を適正賃料と認めたと解される。この場合、トラブルを避けるために家賃の一部として受領する旨の意思表示をしておこう。

1時間前 - 2017年11月25日


【青森のおすすめ賃貸物件】新着情報局
(@siu014u2ar)

【一戸建て物件新着情報】青森県内の一戸建て賃貸新着案件⇒https://t.co/T5BhSRH0pK 広々使いたい人やマンション、アパートのご近所トラブルを避けたい人には庭付きマイホーム気分の戸建賃貸がおすすめ!

2時間前 - 2017年11月25日


【全国のおすすめ賃貸物件】新着情報局
(@vy0t34wa36m1)

【一戸建て物件新着情報】一戸建て賃貸新着案件⇒https://t.co/fsv485fhWa 広々使いたい人やマンション、アパートのご近所トラブルを避けたい人には庭付きマイホーム気分の戸建賃貸がおすすめ!

3時間前 - 2017年11月25日


賃貸でトラブルになりがちな敷金返還問題の回避法

賃貸物件を借りるときには、いろいろなトラブルが起こることを想定しておく必要があります。ですからまず入居の時にしっかりと大家さんとコミュニケーションをとることが大事になります。とくに一番問題になりやすいのが、退去時の敷金返還問題です。部屋が汚れていると、それをクリーニングするための費用を敷金の中から出さなくてはならないのですが、自然損耗については大家さんの負担でカバーすることになっているのです。この自然損耗かどうかの線引きが非常に難しく、ときには裁判にまで発展することのある問題です。トラブルを少しでも減らしたいのなら、まず入居時にどこからどこまでが借り手の責任になるのかということについて摺り合わせをしておかなくてはいけないのです。とくに書面にしておくことが重要で、入居時にすでに傷があるのなら写真を撮影しておくなどの工夫も必要になります。専門家に依頼してその点のことをきちんとしておいてもらうのも悪くありません。

賃貸マンションでありがちな騒音トラブルの防止法

都市部の賃貸マンションでは、騒音トラブルが起こりやすいので注意しておかなくてはいけません。大きな声を出したり、テレビやラジオの音量を大きくするのはもってのほかですが、普通に生活をしていてもクレームがつく可能性があります。とくにフローリングの部屋なら、スプーンを落としたりするだけでも階下の部屋にかなりの音が響いてしまいます。上下左右、隣合う部屋から文句を言われないような対策は練っておくのがいいでしょう。まず、フローリングの床は音が響きやすいので、カーペットを敷くのが正解です。それだけで、階下への騒音はぐっと抑えられます。部屋の壁には、遮音シートを張り付けるなどしてもいいかもしれません。遮音カーテンというものがあるので、それを部屋の中に吊るしておくと音を抑えることができます。そもそも角部屋を選んで、隣の部屋を少なくしておくというのも賢い方法です。気をつけて生活をすれば、他人に迷惑をかけてしまうこともなくなります。


pickup

最終更新日:2016/5/26

このページの先頭へ戻る