賃貸is

賃貸is

『賃貸』最新ツイート

ネットワーク@お互いさま
(@net_please)

客は集めるもの! 客付けの勢力地図が変わった。街の不動産から全国ネットワークの賃貸ショップに客が集中し、この客付け力をバックに、大家に管理下になることを強い、入らないと客付けをしない。フリーの大家には客が回らない。 大家ネット https://t.co/CXb1hxJYGf

1分前 - 2018年05月26日


麻美
(@meemee914)

21時前から花火うるさいな〜って思ってたけど放置してたら今帰って来た彼氏がドンって鳴って火が出たと思ったら子供と母親がアパートの駐車場で花火してんだけど!って言ってた!この時間!?しかも賃貸の駐車場とかバカなの!?てっきり遠くでやってんだと思ってた…

1分前 - 2018年05月26日


洲蔵すくら
(@Sukura_GQTG)

どういうのを「リア充」って言うか…自分にとってそのポジションにいるのは、普通に賃貸を契約して部屋に住めて、普通に就職して仕事していて、結婚して家族を持ったりして、果てはローン組んだりしてマンションや戸建まで買っちゃって、可も無く不可も無くそれなりに自活してる「大人たち」。

1分前 - 2018年05月26日


賃貸選びを上手に行う為に失敗談を参考にしてみよう!

賃貸選びに失敗しない為にも失敗された方の体験談を参考にしてみるのも大切です。失敗したという声がよくあがるのが騒音です。「住んでみたら隣人の音が筒抜けだった」、「上からの足音がとても響く」など、音に対する悩みを抱えた事がある方も多いようです。このような失敗をしない為には入念な下見が重要になります。そして住人がいる時に下見をしてみないと、なかなか本当の音漏れ具合を確認する事はできませんので、何度か足を運ぶなどして音漏れのチェックを行ってみた方が良いでしょう。日当たりの面でも失敗される方が多いようです。南向きですと日差しがよく入ってきますので人気があるようですが、しかし南向きでも近くの建物によって日差しが遮られてしまう事があります。その為、思ったよりも日差しが入って来ず、部屋の中が暗くなってしまったり、洗濯物が乾き難い羽目になる事もあるのです。日当たりの良さを希望する際には明るい内に下見を行う事が大切と言えます。夜に下見をしただけでは判断できませんので、日中に訪れると良いでしょう。入念に下見を行う事で大抵の失敗は防止する事ができますので、よく物件のチェックをしてから契約する事が大切と言えます。

賃貸アパート契約の注意点

賃貸アパートに住む場合には、不動産屋などで物件を選び、最終的には契約書を取り交わすことになります。その契約書の内容について注意点があるとすれば、賃料についての増減にかかわる事項と、造作買取請求権についてでしょう。家賃については、原則として家主側からの値上げ請求、賃借人からの値下げ請求などの権利があります。ただ、一定期間について家賃の増額をしないという特約がついている場合は、その特約は有効になりますので、そういった条項が入っているかどうか確認をしておくことが必要です。そうすることで安心して賃貸暮らしをすることができます。また、造作買取請求権について、原則は家主の許可を得て取り付けたエアコンやウォシュレットなどの造作は、賃借人が退去するときに家主に対して買取の請求ができることになっています。しかし、実際にはこの造作買取請求権は使えないとする特約が付いていることがほとんどでしょう。エアコンなど使えるものは有効活用すればいいように思いますが、新しい賃借人が前の賃借人の使ったものを嫌がった場合には、家主が買い取ってしまっていると取り外しコストも家主が負担することになります。そのため、特約で排除していることが多いのです。この特約があるかどうかも確認しておく必要があるでしょう。

Favorite

名古屋の骨董品買取専門店

内部監査セミナー

トイプードルブリーダー シルバー

2017/12/14 更新


このページの先頭へ戻る